« 2つの機能をひとつにする ガジェット編 | トップページ | メビウスの輪はどこまで日常で使えるか »

2016年2月 8日 (月)

目玉焼き的ななにか

image
→(Peechaya Burroughsさん)
目玉焼き。
世界中、だれがつくってもこのデザインになるってすごくないですか。


image   風船で目玉焼き

→(Peechaya Burroughsさん)

風船の楽しい作品。
ヨコのものがタテに見える楽しさ。

あとね、黄身の色は黄色からオレンジまでかなり幅がありますね。
目玉焼きと脳が認識するのは、円と白身のバランスなのかも。
via→(Balloons Become Minimalist Art - Neatoramaさん)  
     
image   レゴで目玉焼き

たとえばこちら。
円でなくても、ちゃんと目玉焼きに見えるのです。
フライパンは効果的ですけど、無くても見えそう。

レゴでいろいろ表現するシリーズ。
via→(日常をLEGOで描く「Lego turned into Everyday Items」 | DesignWorks デザインワークスさん)    
     
image   ラグで目玉焼き

このアングル。
この黄身の存在感。
黄身がなければ、きっと白身をイメージできないのです。

ラグとクッションのセット。
via→(Culinary Carpets : Sunny Shag Up Rugさん)    

|

« 2つの機能をひとつにする ガジェット編 | トップページ | メビウスの輪はどこまで日常で使えるか »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2つの機能をひとつにする ガジェット編 | トップページ | メビウスの輪はどこまで日常で使えるか »