« あのヒーローたちが大昔の物語だったらきっとこう伝えられる | トップページ | Logicool ワイヤレスキーボード K360r を1ヶ月使ってみた »

2016年2月 3日 (水)

重ねた紙を鑑賞してみる

image
via→(Stack by Mugi Yamamoto | DisegnoDailyさん)

紙を重ねると、レイヤであってカタマリにもなる表現。
今日は3点見てみましょう。


image   上に置くプリンタ

プリンタの中に紙を収納するから、プリンタは巨大になっていくのですきっと。
重ねた紙の上に設置するプリンタ。給紙とともに下がっていきます。

紙のストックと給紙を一体化するアイデアでもあるのです。
Mugi Yamamotoさんデザイン。
via→(Stack by Mugi Yamamoto | DisegnoDailyさん)  
     
image   紙を重ねる3Dプリンタ

大きなカタマリを彫刻するのは大変ですが、紙1枚なら簡単にカットできるのです。

カットした紙を積層し、造形するプリンタ。紙なので着色の再現性も高いのですよ。
via→(紙を重ねまくって造形する3Dプリンタ「Mcor IRIS」 : ギズモード・ジャパンさん)    
     
image   十二単ティッシュ

驚きの1万円、ギフトにもいい十二単ティッシュ。
144組288枚でちゃんと12の倍数になってるあたり、それが箱のサイズの決定項になってると思われるのです。

紙をプレゼントにするためのひとつのアイデア。
→(大昭和紙工産業株式会社 家庭紙部|十二単ティッシュさん)    

|

« あのヒーローたちが大昔の物語だったらきっとこう伝えられる | トップページ | Logicool ワイヤレスキーボード K360r を1ヶ月使ってみた »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あのヒーローたちが大昔の物語だったらきっとこう伝えられる | トップページ | Logicool ワイヤレスキーボード K360r を1ヶ月使ってみた »