« 畳むことで、特殊な機能が生まれるものたち | トップページ | C3-POはどこまでC3-POか »

2016年2月25日 (木)

紙器研究所さんの 「箱覧会2016」

image
→(紙器研究所さん)

紙器の可能性を追求する紙器研究所さん。

その研究発表会である「箱覧会2016」が開催されますよ。


公式サイトから告知を転載させていただきますね。
研究発表会と、ワークショップも開催されますよ。

第1回「紙器研究所」発表会
「箱覧会2016」
箱の宇宙を覗く4日間
会期:2016年4月20日(水)~4月23日(土)
時間:12:00~19:00
会場:3331 Arts Chiyoda 地下1階 B104
東京都千代田区外神田6-11-24
主催:紙器研究所

研究テーマ
・「展開図の分類および基本形の抽出」工藤思草
・「一定条件で製作可能な箱形状のバリエーション展開」宮田泰地
・「三角面を基本構成要素とした箱の設計」三星安澄

研究発表会
4/20(水)19:00~20:00
1F コミニティースペース
出演:工藤思草、宮田泰地、三星安澄、山田明良、萩原修

レクチャーとワークショップ1
「netの連携」工藤思草
4/21(木) 17:00~18:00
地下1階 B104
定員20名

レクチャーとワークショップ2
「formの形態」宮田泰地
4/22(金)17:00~18:00
地下1階 B104
定員20名

レクチャーとワークショップ3
「triangleの構成」三星安澄
4/23(土)17:00~18:00
地下1階 B104
定員20名


image
  製本できる箱

その紙器研究所さん作品。
こちらに中とじで付録化されています。→デザインのひきだし27 グラフィック社さん

驚異の製本できる箱。
箱が立ち上がるポップアップは見たことがありますが。
展開図を直接綴じ込んでページからそのまま箱が組み上がる例を初めてみました。

もはやマジック。

→(紙器研究所さん)  

|

« 畳むことで、特殊な機能が生まれるものたち | トップページ | C3-POはどこまでC3-POか »

紙について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 畳むことで、特殊な機能が生まれるものたち | トップページ | C3-POはどこまでC3-POか »