« だるまさんが | トップページ | タイルのあたらしい見方について »

2016年1月26日 (火)

マクドナルドを持ち歩くためのパッケージ

image
via→(jessica stoll rethinks big mac packaging as a portable purse, pocket and pouchさん)

テイクアウトが普通になってる商品を、そのまま快適に外で食べる方法って?

そんな永遠の課題に果敢に挑戦した人たちが世界中にいるのです。


image   ひざはさみ型

はいこれもう発明。

映画館でもオフィスでも。
もちろん運転中でも。

両手が自由になる画期的な方法なのです。
via→(jessica stoll rethinks big mac packaging as a portable purse, pocket and pouchさん)  
     
image   フタ型1

あのハンバーガーのケースを想起させる容器を、ドリンクのフタとして利用するアイデア。もちろんこのまま閉じてしまうのです。

ストローの処理にも注目。
via→(廃棄削減・使いやすさが追求されたマクドナルドのパッケージアイデア | DesignWorks デザインワークスさん)    
     
image   フタ型2

こちらはまるで紙袋のようなアイデア。見ようによってはドリンクのフタというよりドリンクを安全に吊り下げる方法なのです。
via→(Togo Burgerさん)    
     
image   自転車型

実はマクドナルド公式、自転車で安全に持ち運ぶためのアイデアです。その名もマックバイク。

自転車でもドライブスルー可能っていうウワサを聞いたことがありますが(ホント?)まさにデザインでの実証。
via→(The McBike Concept — The Dieline - Branding & Packagingさん)    
     
image   紙袋型

持って帰るならもちろん紙袋最強、ただ安定感がね…を見事に解決する方法。

トレーに取手をつけたアイデアとも言えるのです。
via→(McDonald s Invented a Takeout Bag That Transforms Into a Servingさん)    

|

« だるまさんが | トップページ | タイルのあたらしい見方について »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« だるまさんが | トップページ | タイルのあたらしい見方について »