« タイルのあたらしい見方について | トップページ | 身じゃなくてフタに注目してみる »

2016年1月28日 (木)

街ひとつ、指にはめてみる

image
via→(Cityscape Rings Feature Architectural Highlights of Iconic Cities | Colossalさん)

ひとつの街をデザインした指輪っていうジャンルがあるのです。
ところがその表現方法には、楽しいバリエーションが。


image   一周まわって街を再現する

ぐるーっと指を取り囲むようにデザインされた街並み。

この方法なら、どの部分を正面に持ってくるかを日替わりで楽しめるのですよ。
via→(Cityscape Rings Feature Architectural Highlights of Iconic Cities | Colossalさん)  
     
image   重ねて街を表現する

こんな方法もあるのです。

ひとつがひとつの建造物を担当し、重ねることで街並みが。

この方法なら、建造物の数だけ街並みのバリエーションが増やせます。
via→(Landmark buildings of the world as acrylic rings / Boing Boingさん)    
     
image   指輪がひとつの世界に

そして石ひとつぶんに街並みを凝縮する方法がこれ。

きっとどんな宝石のカット法よりも、変化に富む多面体の輝き。
via→(建造物を指輪のデザインにそのまま変えた「Architecture」 - GIGAZINEさん)    

|

« タイルのあたらしい見方について | トップページ | 身じゃなくてフタに注目してみる »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイルのあたらしい見方について | トップページ | 身じゃなくてフタに注目してみる »