« まるで○○のような椅子 | トップページ | 2つのテーブルに見る○ー○っぷり »

2015年12月 1日 (火)

プラスアルファのあるスリッパ

image
→(triangle roomshoes | nendoさん)

日本はスリッパ文化だと言われますけれども。
はい、今もはいてます。

そこで考える。
スリッパに機能を付加するのだとしたら、どんな可能性があるのだろう?
もうこんなに完成されているのに。


image   自立するルームシューズ

nendoさんデザイン。

もうどうみても魔女のぼうし。
上下を同じ長さにしてもスリッパとして成立するってもはや発明です。

重ねて立てられるのでスリッパ立てが不要です。
→(triangle roomshoes | nendoさん)  
     
image   踏んでも大丈夫

レゴを踏んじゃった経験って確かに多そう。

レゴの公式スリッパ。
この発想。そして製品にしちゃう企業の姿勢。
そりゃ長く愛されるはずなのです。
via→(レゴブロックを踏んでも痛くない!スリッパ「anti-LEGO slippers」 | DesignWorksさん)    
     
image   オールシーズン着用できる

めくれるので季節関係なく着用可能。

仮に思いついたとして、これを技術的に実現するのって相当難しいですよ。
アイデアと技術があってデザインが達成される例。
via→(Transforming Seasonal Footwear : Deformation Slippersさん)    
     
image   まっ平らになります

たとえば旅行に。

パッケージが完全に平ら。
そして透けてるわけじゃないパッケージ。

なのにちゃんとスリッパってわかる。
これってどうやって発見したのか興味あります。偶然かな。ねらいかな。
via→(mindo | Rakuten Global Market: ledd Dream Italy-made slippers LOTTO SPORTS ledd black: Mさん)    

|

« まるで○○のような椅子 | トップページ | 2つのテーブルに見る○ー○っぷり »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まるで○○のような椅子 | トップページ | 2つのテーブルに見る○ー○っぷり »