« 自撮り棒を撮る人たち | トップページ | ポテトはどこまでがポテトか? »

2015年12月 8日 (火)

1枚のシートを広げたら?

image
via→(Spontaneous Fashion Statements | Yanko Designさん)

たとえばダンボール箱のような。

平面から立体が立ち上がる世界だと思ってるのです究極は。

たとえば2Dプリンタで印刷したものを組み立てると、全てが手に入る世界。

ところで上の写真、なんだと思います?ガンダムのシールドじゃないですよ。


image   ハイヒール→ぺたんこ靴へ

これ楽しい。
3Dプリンタで作成されたハイヒールのベース。
ぺたんこ靴へ変形させることができるのです。
そのギミックがそのままデザインに。
via→(Spontaneous Fashion Statements | Yanko Designさん)  
     
image   ラグマット→座椅子へ

この相反する性質を持つ2つを実現させるため、樹脂シートに刺繍するっていう繊細な方法がとられています。
それがそのままデザインに。
via→(Wibbly Wobbly Seaty Weaty | Yanko Designさん)    
     
image   1枚の紙→ブラケット照明へ

まるで不可能物体のようなこの照明。
展開図を見ればなるほどな型紙。

そして照明器具ってこういう形だよねがうまくデザインに取り入れられた例だと思うのです。
image    
via→(一枚の紙でできた、超ミニマルな照明【POSTER】|インテリアハックさん)    
     
image   1枚の皮→スニーカーへ

スニーカーって何枚ものパーツを組み合わせて作られています。特にデザインを決めるラインなども別パーツ。

それらを皮を彫り込むことで1枚のシートで実現した例。

ステッチが表面にほぼ現れないスニーカーともいえます。
via→(2 | Adidas's Latest "Futurecraft" Shoes Are Made From One Seamless Piece Of Leather | Co.Design | business + designさん)    

|

« 自撮り棒を撮る人たち | トップページ | ポテトはどこまでがポテトか? »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自撮り棒を撮る人たち | トップページ | ポテトはどこまでがポテトか? »