« どこまでが中なの? どこからが外なの? | トップページ | ロックしてみた »

2015年10月26日 (月)

目に見える姿が真の姿とは限らない家具たち

image
→(Legless Bar Stool | Josh Carmodyさん)

家具は通常どの角度からみても大丈夫なようにデザインされますよ。

ただ中には、その姿が本当の姿じゃない家具もあるようです。


image   Legless Bar Stool

→(Legless Bar Stool | Josh Carmodyさん)

脚があるように見えて実はない椅子。

4本脚に見えて3本脚の椅子ともいえます。
via→(A Cleverly Designed Bar Stool That Looks Like It Is Missing a Legさん)  
     
image   Rocky at MOST
いっけんするとどこが正面でどちらに向いているのか混乱するラック。

よく見ると連結して設置してもつながるようにデザインされています。
→(Charles Kさん)
image    
via→(3Dに見える錯視本棚 - 革新的発明と製品情報さん)    
     
image   The Hidden Chairs
→(VimeoThe Hidden Chairs by Ibrideさん)

椅子に向かう男性。

そのまま腰を掛けますが、
え?そっちなの?
image   どうやら人は、背もたれとひじ掛けの位置関係で椅子の正面を決定しているのです。当たり前か。
via→(VimeoThe Hidden Chairs by Ibrideさん)    

|

« どこまでが中なの? どこからが外なの? | トップページ | ロックしてみた »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どこまでが中なの? どこからが外なの? | トップページ | ロックしてみた »