« あの黒いテープに音が詰まってたことの方がよほど不思議なのだが | トップページ | BESTIARIO POP-UPのアイデアがすごい »

2015年10月 6日 (火)

足を包み込むように

image
via→(子どもと一緒に「成長する靴」。誰も考えつかなかったアイデアが貧困地域を足元から支えている | TABI LABOさん)
服はあるていど余裕もあって。
仮に傷んでも、補修することが可能です。

帽子はぴったりですが。頭のサイズって生涯でそんなに変わらないのです。

ピッタリでなければならないのに、大人と子どもでびっくりするくらい大きさの変わるもの。靴なんです。


image   成長する靴

つま先、甲、かかとの三点が調節できる靴。
これ一足で5年間は成長に合わせられるそうですよ。

NPOを通じて、貧困地域に届けられています。

→(Home | The Shoe That Growsさん)

via→(子どもと一緒に「成長する靴」。誰も考えつかなかったアイデアが貧困地域を足元から支えている | TABI LABOさん)  
     
image   Froshiki Shoes

まるで風呂敷のように足を包む靴。

または、ソールのついた風呂敷、と考えてもいいのかもしれません。

朝と夕方の足のサイズのような微妙な違いもきっと包んでくれるのです。
via→(Furoshiki Shoes Wrap Around Your Feet Likeさん)    

|

« あの黒いテープに音が詰まってたことの方がよほど不思議なのだが | トップページ | BESTIARIO POP-UPのアイデアがすごい »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あの黒いテープに音が詰まってたことの方がよほど不思議なのだが | トップページ | BESTIARIO POP-UPのアイデアがすごい »