« 足を包み込むように | トップページ | 座る→寝る »

2015年10月 7日 (水)

BESTIARIO POP-UPのアイデアがすごい

 

                                                   
image
またとんでもない飛び出す絵本を見つけてしまいました。            
すごいよ。これ。

 

 


                                                                        
image  BESTIARIO POP-UP          
         
そのアイデアと楽しさにびっくり。          
         
飛び出す絵本が上中下の三段にわかれています。          
         
そしてそこには狼、猿、鳥、エビ、クマ、カメレオンなどの動物が。          
         
こちらで内容紹介されています。          
→(BESTIARIO POP-UP | 注目のプロダクトデザイン | デザイン情報サイト[JDN]さん)
via→(BESTIARIO POP-UP | 注目のプロダクトデザイン | デザイン情報サイト[JDN]さん)  
                                                          
手にとってみると、タテ30cmほどの細長い絵本なんです。         
そしてそれぞれのページには、できる限り単純な仕組みになるよう工夫された、それでいて恐ろしく練りこまれたポップアップの動物たちが。          
それぞれ頭、胴、脚にわかれています。          
         
そしてこの本の楽しさ。          
上中下が別々にめくれるので全く新しい動物が生み出せちゃうのです。          
その数6x6x6で216通り。          
         
あのですね、飛び出す絵本で実は一番難しいのは、ページ内に収めることなんです。          
ふつうは上下を気にすればいいんですが、この本は3段にわかれているのですべてのギミックを3段の高さに収めなければいけません。          
開いた際にはページからはみ出すように設計された絵本もありますが、この本ではめくらなければいけないのでそれも許されないわけです。          
         
そんな厳しい条件の中で、それぞれの動物たちの特徴をしっかりとらえてありますよ。          
ロブスターのハサミとか。猿の顔の表現とか。何気にハエとってるカメレオンとか。          
         
ましてやお腹だけ、脚だけでその動物の特徴を出してあるわけですから、本を開いて楽しくないわけない。          
         
もうね、見つけてすぐに注文しちゃいました。          
幸い1冊手に入ったのですが…          
         
が!今現在!          
売ってるところが全然見つからない!          
         
念のため下にamazonのリンクも貼っておきますが、残念ながらいまんとこ(10/1現在)取り扱い無し。          
恵文社さん(BESTIARIO POP-UP|恵文社一乗寺店 オンラインショップさん)ではつい先日まで取り扱いがあったのですが、いまは(10/1現在)在庫切れのようですよ。          
         
日本で出版権を獲得してもらえないかな。          
日本でもきっと売れると思うけどな。          
 

|

« 足を包み込むように | トップページ | 座る→寝る »

甥っ子へのプレゼントを記録し続けるシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足を包み込むように | トップページ | 座る→寝る »