« デジタル数字を表示する全く新しい方法 | トップページ | 椅子と影についての2題 »

2015年9月17日 (木)

自動的にろうそくを消すふたつの道具に見るデザインの違い

image
via→(Lars Beller Fjetland's self-extinguishing candlestick for Hayさん)
ろうそくを自動で消すための道具の存在を知ったのです。2つ。
今日はそれを見比べてみたいと思うのです。


image   自動で消すツール

ろうが溶けるとおもりが下がり、フタで消火されます。
これって安全装置付きの燭台ですよね。
融けたロウ受けや調節針など、とても細やかにデザインされていることがわかります。
→(Lars Beller Fjetland designs self-extinguishing Moment candlestick for Hay - YouTubeさん)
via→(Lars Beller Fjetland's self-extinguishing candlestick for Hayさん)  
     
image   自動で消すツール

こちらは蝋燭本体にはさみ、溶けてある位置に来るとバネでフタが戻り消火する仕組みです。
これってタイマーですよね。おおよそ何分後に消火したいっていう位置を自分で選べます。
→(Swedish Candle Snuffer - YouTubeさん)

|

« デジタル数字を表示する全く新しい方法 | トップページ | 椅子と影についての2題 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デジタル数字を表示する全く新しい方法 | トップページ | 椅子と影についての2題 »