« ペットボトルの口をカスタマイズする | トップページ | カッターナイフを安全に使う新しい方法 »

2015年9月11日 (金)

あしたのプラモデル

image
「一度もプラモデルを作ったことがない」っていう小6の男の子の話を聞いてびっくり。
○○を上手く作れるっていう能力は、いまあんまり評価されないのかな。

その一方で、プラモデルのほうが独自の進化を遂げているのです。


image   プラモデル→お菓子モデル

プラモデルがオマケになってるお菓子の例はありますが。

お菓子そのものがプラモデル。というか菓子モデル。

さんざん遊んで、食べちゃったらきれいさっぱり。玩具としても新しい形かもしれません。
via  
     
image   実際に乗れる自転車プラモデル

にわかに信じがたい自転車プラモ。

チェーンはどうするんだろうって思うけど、実際に戦車のキャタピラはプラモデルで可能だし。
via→(1:1スケールの自転車 - 革新的発明と製品情報さん)    
     
  ランナーの無いプラモデル

これには本当にびっくり。
ランナー不要であることが、そのまま
ロボットのデザインになってます。

やがて切り離しさえ不要になるかもしれません。
それってもはや、ロボットの展開図なのです。

→(超次元変形フレームロボ - バンダイ ホビーサイトさん)
     
image   ランナーを活かすプラモデル

本来はパーツごとにプラスチックを流動させる道が必要なわけで。

プラスチック製、あらかじめつながって成型されたカトラリ。

ランナーでパキっと割ると、そのままナイフのギザギザの歯になってます。
via→(A Pal at Picnics | Yanko Designさん)    

|

« ペットボトルの口をカスタマイズする | トップページ | カッターナイフを安全に使う新しい方法 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペットボトルの口をカスタマイズする | トップページ | カッターナイフを安全に使う新しい方法 »