« 組み合わせて使うアクセサリ | トップページ | ずれのデザイン »

2015年9月 7日 (月)

家具のパーツをその場でジョイントする方法

image
via→(design and construct your own furniture with 3D printed jointsさん)
長い間、家具の組み立ては職人の世界だったのですが。
ところが全く新しい方法で自分で組み立てる家具が出てきているようですよ。


image   3Dプリンタでジョイントを作る

板厚と角度を入力すれば、ピッタリで強度のあるジョイントを家の中で作れる時代がきちゃいそうなのです。

original→(Ollé Gellért on Behanceさん)
via→(design and construct your own furniture with 3D printed jointsさん)  
     
image   脚をパチン!と留める

これ、あれですよね。ビンのフタなんかをパチンと留める例のやつ。

このデザインなら組み立て説明も不要なのです。

original→(Christian Juhl — Danish Furniture Designさん)
via→(Designline Wohnen - Newcomer: Latch Stool | designlines.deさん)    
     
image   樹脂で固めちゃえ

polycaprolactoneという特殊な樹脂で固めてしまいます。
この方法なら材の組み合わせも角度も厚みも選びません。
そして樹脂そのものがデザインになるのです。

original→(Jerszy Seymour Design Workshopさん)
via→(Fancy a Joint?: innovative joinery in new furniture design | Newsさん)    
     
image   ケーブル・タイで留める

身近にあるもので、最も強度が期待できる緊結材なのですケーブルタイ。

切れば簡単に外せて、なおかつ再緊結も可能。

もっと利用範囲がひろがっていい素材かもしれませんよ。
via→(We don't need no stinkin' nails! - Cheezburgerさん)    

|

« 組み合わせて使うアクセサリ | トップページ | ずれのデザイン »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 組み合わせて使うアクセサリ | トップページ | ずれのデザイン »