« ティッシュじゃなくて箱のほう | トップページ | 型(カタ)で新しいスイーツを生みだす方法 »

2015年8月10日 (月)

新しいドリンク缶の開け方 新しいペットボトルの開け方

image
via→(Easy Pop! | Yanko Designさん)
ドリンク缶のプルタブは、以前はプルタブが本体から外れていたのです。
やがて本体から外れない方法が開発され、それが一般的になりました。

そんな大きな波が、これからも訪れそうなのですよ。


image   引っ張りあげないプルタブ

現在のプルタブは、高齢者や子どもたちが引き上げにくいってよく言われます。

そこでこのアイデア。
もう引っ張りあげません。
image   プルタブを180°回転させるのです。

後ろのへりが高くなっていて、てこの原理で飲みくちが空きます。

180°新しいアイデア。
via→(Easy Pop! | Yanko Designさん)  
     
image   完全分別エコキャップ

三渓産業さん開発のe-cap。
→(e-cap of SANKEI-SK-HPさん)

ペットボトルのふたを回すと、キャップが口に残るので失くす心配がありません。
image   さらにそのままキャップを引っ張ると、フタ部分が本体から完全に分離します。

これなら100%分別可能。

ペットボトル本体は従来のまま、ってことが素晴らしいのです。
via→(【トレたま】究極のエコキャップ!:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京さん)    

|

« ティッシュじゃなくて箱のほう | トップページ | 型(カタ)で新しいスイーツを生みだす方法 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ティッシュじゃなくて箱のほう | トップページ | 型(カタ)で新しいスイーツを生みだす方法 »