« 世の中には透けたほうがいいこともある件について | トップページ | これって、何に使うものかわかる? »

2015年7月15日 (水)

WorMo'(ワーモ)さん×深沢アート研究所さん の工作が子どもたちにとって感動的にすごい件

image
original→(顔だけノート | WorMo'(ワーモ)さん)

幼稚園のころ、セロハンテープを巻きつけて動物や飛行機をつくる「テープアート」を
あみ出し、クラス中に大流行させたことがあるのです。

そのあと先生や親に叱られました。「そんなもったいないことするんじゃない!」って。

でも子供ごころに思ってました。
「同じ機能を持つおもちゃ(そんなのなかったけど)を買ったら、この何十倍もコストがかかるのになあ」って。

KOKUYOさんが発表しているWorMo'さん。そこに、子どもたちが遊びながら学ぶアイデアを紹介するコーナーがあるのです。
→(はたらく私も あそぶこどもも もっと笑顔に | WorMo'(ワーモ)さん)

さらにそこで、革新的なアイデアを公開されている深沢アート研究所さん。
→(hukazawa art laboratoryさん)

今日はそのアイデアをいくつか紹介します。詳細はぜひリンク先で!


image   顔だけノート

これすごくないですか。
ノートをザクザク切っちゃう。これだけで子どもたちにとってはもう心臓バクバクの楽しさ。

そしてその使い方も最高に楽しいのです。めくってもめくっても顔が描けるノート。
original→(顔だけノート | WorMo'(ワーモ)さん)  
     
image   段ボール箱の中のクモの巣

セロハンテープをクモの巣に見立てて、はりめぐらせます。

テープをまっすぐ貼るって難しい。
ここから色んなくふうやテープの扱いを学ぶはずですよ。

好きなだけテープを使っていい、
って子どもに伝えるだけでそれが実現できるのです。
original→(段ボール箱の中のクモの巣 | WorMo'(ワーモ)さん)    
     
image   文具 筋入封筒ののびちぢみ

なるほど封筒は筒なんだ。

筒だからできる工夫の数々。
最初から筒の封筒を使うのってとっても合理的なアイデアです。

平らな紙と筒との構造の違い。これって数学かもしれません。
original→(文具 筋入封筒ののびちぢみ | WorMo'(ワーモ)さん)    
     
image   スポンジパズル

100均で束で売ってたりしますよね。
スポンジ。

切る前にぴったり収まるのなら、どんなに複雑に切っても必ずぴったり収まっちゃうのです。

スポンジがカラフルなのはこのためなのかもしれない秀逸さ。
original→(スポンジパズル | WorMo'(ワーモ)さん)    
     
image   カドケシブロック

カドケシ20個とかもう子どもたちの夢ですよ。

しかもカドケシを一切損傷させてないので、そのあと家族みんなで使っちゃえばいいのです。

一粒で二度美味しい。
original→(カドケシブロック | WorMo'(ワーモ)さん)    

|

« 世の中には透けたほうがいいこともある件について | トップページ | これって、何に使うものかわかる? »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世の中には透けたほうがいいこともある件について | トップページ | これって、何に使うものかわかる? »