« どうぶつをつくる表現の可能性について | トップページ | くつひもに注目してみる »

2015年6月22日 (月)

デザインのひきだし25 紙の加工大全 発売されましたよ

image
今回は貼る、抜く、削る、凸凹させる。紙の加工大全です。
そして驚きの超絶表紙。この表紙を、読んでるあいだずぅーっと手で触れているわけですよ。


image   ふろくすごいよ

事前に記事で加工法を読んでいるわけですから、
背景を知る→実物に触れる、っていう体験ができちゃいます。

にしてもこの付録が束になってるワクワク感っていったい!
永遠に変わらない感情かも。
     
image   フラッパーたのしい

美創印刷さん製造のフラッパーが付録でついてますよ。もうずっとパタパタしてます。

めくっていくと、
展開したときの紙の形状も変化するのです。
その形状に合わせた絵柄が4面変化。PORTさんデザイン。
     
image   くじゃく折りが起き上がる

まったく手作業のない、
機械加工のみでポップアップを
実現した「くじゃく折り」という
篠原紙工さんの技術。

そのサンプルも付録になってますよ。
ホントに立ち上がる驚き。
これが機械でできるなんて!
     
image   他にもぜんぜん知らなかった驚きの実例をたくさん見つけてしまいました。

minnaさんの
色の変わるダンボールディスプレイ。
寄藤文平さんの八つ折りシステム。
名手宏之さんの
180度開くポップアップカード。
対馬デザインさんの
MINO FOREST BOOK。
6Dさんの紙わざ大賞トロフィー。
深山さんのV-POP。
篠原紙工さんのトースターポップ。
信洋舎さん杉原商店さんの
和紙∞PUZZLE。
シヤチハタさんのエポンテ。

デザインのひきだし 25

 
ぜひ誌面で確認してみてくださいな。

|

« どうぶつをつくる表現の可能性について | トップページ | くつひもに注目してみる »

紙をあつかう本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうぶつをつくる表現の可能性について | トップページ | くつひもに注目してみる »