« 傘の手元(ハンドル)をふたつに割ってみたら | トップページ | ハンガーが新世界のモジュールになるかもしれない件 »

2015年5月29日 (金)

螺旋階段のその先は

image
via→(Tripod installation by LIKEarchitects is all stairs and balconiesさん)
螺旋階段ってみんなだいすき。

存在するだけで登ってみたくなるのって、もはやひとつの装置です。

そしてその螺旋の造形に、魅せられちゃった人たちが。


image    らせん階段

登って、降りる。
そのことが1つの体験なのだと知る作品です。

original→(LIKEarchitectsさん)
via→(Tripod installation by LIKEarchitects is all stairs and balconiesさん)  
     
image   らせん階段

じつは登れない作品もあるのです。

階段を立てかける発想。
始まりも終わりもありません。

そしてそこを登る自分の姿を想像しちゃうのです。

original→(Peter COFFIN - Artist works - Galerie Perrotinさん)
via→(Peter Coffin | pietmondriaan.comさん)    
     
image   らせん階段

らせん階段は紙の上で設計するのが本当に難しいもののひとつ。

まったく平面部の存在しない階段。
via→(THE COLLECT PROJECTさん)    
     
image   らせん階段

もはや生き物のよう。

階段と骨格って似てますよね。
実際、家の中の見える骨格なのです。
via→(Creative Installations by Michel de Broin – Fubiz™さん)    

|

« 傘の手元(ハンドル)をふたつに割ってみたら | トップページ | ハンガーが新世界のモジュールになるかもしれない件 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 傘の手元(ハンドル)をふたつに割ってみたら | トップページ | ハンガーが新世界のモジュールになるかもしれない件 »