« バリアフリーはデザインで達成できる 自転車編 | トップページ | ものすごく散らかった部屋を整然と見せちゃう方法 »

2015年5月 1日 (金)

迷宮インテリア

image
via→(Labyrinth Table by Benjamin Nordsmark » Yanko Designさん)
いま調べると。
メイズとラビリンスの違いは、パズルとして作られたものか現実にある複雑な建築や街路かにあるそうです。
また選択の余地があるものがメイズで、一本道なのがラビリンス、とも。

ところで迷路とMAZEって音が似てますよね。


image   ラビリンステーブル

ガラスの天板が載せられていて、
フィギュアを下からマグネットで操作します。

なのですが、迷路のパターンや中央の広間など、ちゃんとインテリアとしてデザインされていることがわかります。
via→(Labyrinth Table by Benjamin Nordsmark » Yanko Designさん)  
     
image   迷路ミラー

これすごい。
壁にあっておかしくないもので、
密に並べればちゃんと機能もして、
なおかつ迷路状に配置できるもの。

って鏡しかない。
via→(迷路のように見えるウォールミラー - 革新的発明と製品情報さん)    
     
image   ラグを刈ってみた

もうまるで庭園。

ラグをバリカンで刈っちゃいました。
思いつくことと行動することには、
とても高い壁があると知る一品。
via→(Homemade Craft Rug Green ~ Pldhsさん)    
     
image   ラビリンスロック

チェーンロックに対するイメージって、もしかして国によって違うのだろうか。

開けにくいのは中にいる人?
外にいる人?
via→(39 Amazing Ideas That Will Make Your Home Cool And Funさん)    
     
image   メイズ・シンク

実際に迷路を解くプレイヤーに、水がなるわけです。

四方八方から水がこぼれるのと、
じつは一箇所から排水されるのとでは、迷路の意味が異なってきます。
via→(Maze sinkさん)    

|

« バリアフリーはデザインで達成できる 自転車編 | トップページ | ものすごく散らかった部屋を整然と見せちゃう方法 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バリアフリーはデザインで達成できる 自転車編 | トップページ | ものすごく散らかった部屋を整然と見せちゃう方法 »