« 影が実体を持った日 | トップページ | 洞窟を抜けると »

2015年4月17日 (金)

もうカスなんて言わせない

image
via→(RedLion Identity on Behanceさん)
最近は直接触ることも、もしかしたら見ることも少なくなっちゃいましたカス。

今日は「その後」に注目です。


image   レッドライオン ブランドデザイン

削りカスをロゴやグラフィックに取り入れた例。

まったく自然に得られるものなんですが、よく見るととっても不思議で美しい形をしてますね。
via→(RedLion Identity on Behanceさん)  
     
image   カスに鉛筆を立てる

削りカスのかたちをしたペンスタンド。

なるほど元々先っちょについてたものにまた鉛筆を戻す。
via→(Products / Pencil Shaving Desk Tidy / DESIGNSPOTTER.COMさん)    
     
image   虹の削りカス

削りカスって扇型になるのです。
この注目のしかたって楽しい。

MASSな円柱の展開図、だとも言えますね。
via→(rainbow pencils by duncan shotton made from recycled paperさん)    
     
image   カスを食べる

削り器は削りカスの生産マシンだとも言えるわけで。

削り器型のピーラー。
via→(Karoto carrot sharpener by Avichai Tadmor for Monkey Businessさん)    
     
image   カス・アート

削りカスで描いた絵、っていう説明の仕方じゃなくて。

鉛筆で描かずに描いた絵なのです。
via→(Pencil Shaving Portraits by Kyle Bean - Design Milkさん)    

|

« 影が実体を持った日 | トップページ | 洞窟を抜けると »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 影が実体を持った日 | トップページ | 洞窟を抜けると »