« 洞窟を抜けると | トップページ | 椅子に脚って必要なのかな? »

2015年4月21日 (火)

本は本を支えている

image
via→(Clever Minimal Bookshelf Uses Books as Bookends - My Modern Metさん)
もう一時は本当に床が抜けるんじゃないかと心配だったのですが。

最近は昔の雑誌を捨てるのに抵抗が無くなったのと、
電子書籍に切り替えたのですっかり本の管理がラクになりました。

でも、本棚は、依然として、ある。
本が無くなっても占有体積は変わらないのです。

本が無くなったら本棚も減ってくれないかな。


image   本で支える本棚

本が支柱となって棚を支えています。

よくみると厚みは全部違うので、
完全オーダーメイドか。

いっけん支柱の本が読めないのでは、と思っちゃいますが、支柱専用の本ってあんがい選べるものなのです。
via→(Clever Minimal Bookshelf Uses Books as Bookends - My Modern Metさん)  
     
image   HONDANA

goodbymarketさんから。

本を一冊足すことで木が本に。

本を成立させる特別な一冊であって、特別な一冊の本のための棚。
original→(HONDANAさん)    
     
image   Book of Look shelf

並んだ本の上に横板を渡しちゃう…
っていう風景を家具にした一品。

via→(本でできた本棚が62%オフ(ユーズド) | インテリアブログ 22webさん)    
     
image   Pile of books
本が積み重なっている、あの幸せな感じと「片付けなきゃな」っていう感じの混ざった、とにかくあの感じ。
via→(pan-dan: Pile of booksさん)
original→(Josefin Hellström-Olsson | Beckmansさん)
   

|

« 洞窟を抜けると | トップページ | 椅子に脚って必要なのかな? »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 洞窟を抜けると | トップページ | 椅子に脚って必要なのかな? »