« 70代から始めるiPad生活のススメ (8) その後編 | トップページ | 骨と暮らす »

2015年4月 2日 (木)

2つの事例にみる 看板の効果

image
original→(ボクサーさんはTwitterを使っています: "「おっ!パト?スピード落とさなきゃ」 「ん?ん?」 「なんだよっ(−_−;)」 http://t.co/Wl6KENqvrt"さん)
看板。
目立つにはどうすればいいの?いちばんの悩み。


image   立体パトカー

遠くに見えるパトカー。
減速して近づくと…

前からみるとこんな感じだそうで。
それでも十分に効果ありそうです。

厚みがあるのは自立させるためだと思うのですが。
この設置方法なら自車線も対向車線にも効果アリ。
original→(ボクサーさんはTwitterを使っています: "「おっ!パト?スピード落とさなきゃ」 「ん?ん?」 「なんだよっ(−_−;)」 http://t.co/Wl6KENqvrt"さん)  
     
image   パトカー看板

海外の事例です。
後ろ姿の検問風景。
実際に効果があがったそうですよ。

この方法だと車線が限定されるのですが。
でも後ろ姿なのと厚みが無いので、持ち運びに便利なはずなのです。

いわば携帯パトカー。
via→(ダンボールで作ったパトカーを置いたら車がゆっくりに - GIGAZINEさん)    

|

« 70代から始めるiPad生活のススメ (8) その後編 | トップページ | 骨と暮らす »

紙と平面世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 70代から始めるiPad生活のススメ (8) その後編 | トップページ | 骨と暮らす »