« 永遠に直線を引く方法、教えます | トップページ | 70代から始めるiPad生活のススメ (4)アプリ選択 【1ページ目のアプリ】 編 »

2015年3月 5日 (木)

鉛筆を最後まで使い切る方法って、実はあるのです

image
original→(新商品|中島重久堂さん)
昔の小学校って、シャーペン禁止でしたが。いまはどうなんだろう。

なので鉛筆を使っていたはずですが、あれの捨てどきってどうやって決めていたのか、もはや今では思い出せません。

いやいや、どうやら捨てなくってもいいようですよ。いまの子どもたちなら。


image   TSUNAGO

鉛筆の前後に凹凸を削るための道具なのです。

先端に凸をけずり、後ろに凹を削り出します。あとは差し込んで接着してしまえば、一本の鉛筆として復活します。

こちらで予約販売受付中ですよ!
→(新商品|中島重久堂さん)
original→(新商品|中島重久堂さん)  
     
image   連結できる鉛筆

ブロックのように、鉛筆が嵌合できるよう作られています。

短くなれば、次の鉛筆にはめ込んで使用します。そのまま削れちゃうので、実質永遠に一本。
via→(Continuous Pencil by U Jung Heo, Young Gag Han & Sa Yoeng Kim » Yanko Designさん)    
     
image   1+1=1

こちらは短い鉛筆どうしを一本にまとめるアタッチメント。

アタッチメントはつなぐためで、軸はあくまでも鉛筆。

一本に見えるけれど、前後の鉛筆で役割が異なるとも言えるのです。
via→(1 + 1 = 1 Pencil Connector by Hoyoung Lee, Youngwoo Park & Jinyoung Park » Yanko Designさん)    

|

« 永遠に直線を引く方法、教えます | トップページ | 70代から始めるiPad生活のススメ (4)アプリ選択 【1ページ目のアプリ】 編 »

紙に描く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 永遠に直線を引く方法、教えます | トップページ | 70代から始めるiPad生活のススメ (4)アプリ選択 【1ページ目のアプリ】 編 »