« 次の建築へ 積んでつくる組積造がカギを握ってるらしい | トップページ | 絆創膏ってじつはオーダーメイドのほうがいいんじゃないか »

2015年3月11日 (水)

音符って音楽の文字だよね

imageimage
→(音の器 | Timbreさん)
きっと口頭で伝えられてきた音楽を記録できたことって、これって音楽の文字化。
しかもほぼ世界共通言語になってるってすごい。音楽のチカラ。

というわけで、音符をデザインに利用することは世界共通、だれでも理解できちゃう。


image   音符パッケージ

イヤホンとケーブルを音符に見立てたパッケージ。

商品とリンクする楽しさ。
説明不要のパッケージなのです。
via→(21 More Creative Product Packaging Examples | DeMilkedさん)  
     
image   ヒトで音符を表現してみる

動く歩道の手すりに寝そべって流れてくる人たち。

"たま"が上にあり、かつ五線でもないのに、ちゃんと音符ってわかる。

記号のチカラってすごいなあ。
via→(空港の動く歩道に乗ってやってきた音符人間!「Vivaldi's Travelator」 | mifdesign_antennaさん)    
     
image   音の器

鈴木康広さんデザインのけん玉。

けん玉は引力を利用した楽器である、というコンセプト。球がほのかに楕円になってます。

地球に落ちる間の、音をうけとめる器なんですね。
→(音の器 | Timbreさん)    
     
image   オタマトーン

もうね、日本が世界に誇れる音符プロダクトだと思うのです。オタマトーン。

だれでもさわれる電子楽器。
その機能と形態が、見事に一致してるのです。音符ってこのためにこういうカタチだったのかもと思うくらい。

海外へのおみやげにもいい。
original→(Lineup « 【Otamatone | オタマトーン】さわってカンタン電子楽器 | 明和電機さん)    
     
image   音符を並べる音楽デバイス

五線譜の画面上に、実際に音符を配置することで音楽を奏でます。

音符を並べることで音楽が生まれる、を実体験できる装置。

音楽教育って、ここから始めてもいいのかも。
via→(音符のオブジェクトを認識する五線譜「Noteput - Interactive Music Table」: DesignWorks Archiveさん)    

|

« 次の建築へ 積んでつくる組積造がカギを握ってるらしい | トップページ | 絆創膏ってじつはオーダーメイドのほうがいいんじゃないか »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次の建築へ 積んでつくる組積造がカギを握ってるらしい | トップページ | 絆創膏ってじつはオーダーメイドのほうがいいんじゃないか »