« 意外なものに樹脂を流し込むことで、まったく新しい意匠が生みだされている件 | トップページ | 鉛筆を最後まで使い切る方法って、実はあるのです »

2015年3月 4日 (水)

永遠に直線を引く方法、教えます

image
via→(Consistent-motion Ruler by Myeongjin Kim » Yanko Designさん)
古代エジプトから、長い直線を正確に引く方法は求められてきたのですきっと。

建築では墨付けといって、墨をつけた糸を張って線を引くのですけどね。

紙の上ではそうは行きません。きょうはそれを実現する方法。


image   Consistent-motion Ruler

これは珍しい方法。

スライドする「指置き」がついてます。
まるで尺取り虫のように、固定したままずらして描くわけですね。

via→(Consistent-motion Ruler by Myeongjin Kim » Yanko Designさん)  
     
image   Rolling Ruler

線を引くには直線部分が必要で、かつそのまま回転してしまえばいいわけです。ヒントはキャタピラ。

キャタピラの轍は直線になりますよね。
定規でそれを実現したこのアイデア。
via→(Rolling Ruler – Ruler Redesign by Park Chan-ju & Lee Hwa-yeon » Yanko Designさん)    
     
image   Constrained Ball

回転させるなら、定規でなくてもいいわけです。

ペンに直接つける車輪。

この方法、ガラス棒と溝付き定規と同じ原理の永遠版。
via→(Constrained Ball | Design | Gearさん)    
     
image   永円定規

コクヨデザインアワード2014の受賞作品から。

シリコン製の定規。柔らかいのでつぶして収納・使用できますよ。

目盛りはちゃんと長さを示します。いっけん、何の道具かわからない楽しさ。
via→(「コクヨデザインアワード2014」の受賞作品が決定|プレスリリース|コクヨさん)    
     
image   ジグソールーラー

足りないなら足しちゃえばいいわけで。

ジグソーパズルのような定規。
まったくの同型なので、永遠に足し続けることも可能です。

via→(やじうまミニレビュー - パレット「ジグソールーラー」 - 家電Watchさん)    

|

« 意外なものに樹脂を流し込むことで、まったく新しい意匠が生みだされている件 | トップページ | 鉛筆を最後まで使い切る方法って、実はあるのです »

紙に描く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意外なものに樹脂を流し込むことで、まったく新しい意匠が生みだされている件 | トップページ | 鉛筆を最後まで使い切る方法って、実はあるのです »