« まきまきインテリア | トップページ | 美しいダンボールの家具たちを紹介したいのです。 »

2015年3月24日 (火)

あみあみインテリア

image
via→(Mantzalin Creates A Handmade Rope Screen For A New York Restaurant | CONTEMPORISTさん)
テキスタイルやロープは、もっとインテリアに使われていい素材だと思うのです。
ただ壁紙やペイントと違って、その空間に合わせた一点ものになっちゃうので、
ちょっと敷居が高くなります。でも魅力的。

今日はそんな、編んだインテリア。


image   ロープ・スクリーン

original→(MANTZALIN さん)

ロープを空間に合わせてハンドメイドで編みこみ、作られたインテリア。
まるで植物や生き物のようです。

枠が無く、フックで固定されています。それが壁から生えたような効果を産んでいます。
via→(Mantzalin Creates A Handmade Rope Screen For A New York Restaurant | CONTEMPORISTさん)  
     
image   ニットソファ

すっぽりセーターを着たようなソファ。

初めて見る作品なのに、なんだか懐かしいようなどこかで見たようなそんな気持ちになっちゃいます。
via→(Armchair Cover That Looks Like a Cable Knit Sweaterさん)    
     
image   ロープ・シャンデリア

もともとシャンデリアは蝋燭を空間の中央に置くために作られたはずなので、鎖よりロープのほうが先なのかもしれません。

これ、いいです。和室でも使えそう。
via→(Remodelaholic | Knockoff DIY Chandelierさん)    
     
image   光るロープ

LEDの登場で、光に対する扱いは劇的に変化したのです。

これもその例。

ロープ自身が光るので、そのロープをどう使うかを考えることになります。
via→Interior decorating with rope    
     
image   Black Teahouse
Black Teahouseと名付けられた茶室。

天井がロープによって編み込まれています。

良く考えると日本の網代(あじろ)だって編みこみ天井。
via→(Black Teahouse by A1 Architects - Dezeenさん)    

|

« まきまきインテリア | トップページ | 美しいダンボールの家具たちを紹介したいのです。 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まきまきインテリア | トップページ | 美しいダンボールの家具たちを紹介したいのです。 »