« 70代から始めるiPad生活のススメ (5)ニュースアプリ編 | トップページ | ファスナーに明後日はあるか? »

2015年3月16日 (月)

3つの情報を同時に盛り込む方法

image
via→(MakerBot Partners | A Novel Experience with Chang-rae Leeさん)
カミノデザインでは、過去にこんな記事を書いてます。
→(1枚の紙に2つの異なる情報を入れて子どもたちを救う方法)

ひとつの画面に、まったく異なる二つの情報を同時に盛り込む方法として紹介しました。
今日は三つの情報を同時に盛り込む方法。


image   表紙と背表紙のあいだ

3Dプリンタのカバーがついた本。
表紙の文字と連動しているのですが、正面から、つまり本棚に収納した場合でもタイトルが読めてしまうのです。

表紙と背表紙の間の情報。
via→(MakerBot Partners | A Novel Experience with Chang-rae Leeさん)  
     
image
image
  IKEAの3色看板

三色で重ねて描かれた看板。

三色の照明を分けて当てると、それぞれ固有の色だけが浮かび上がって読めるようになります。

メンテナンスが必要な機械的な駆動を必要とせずに、スポットライトの照明効果のみで3つの情報を使い分ける例。

via→(限られたスペースに通常の3倍のメッセージを表示させる、IKEAの看板広告「THE IKEA RGB BILLBOARD」 | mifdesign_antennaさん)    
     
image   三角形であり四角形であり五角形である

三谷純さんのブログから。
見る方向によって、三角形にも四角形にも五角形にもなる立体。
その展開図と考え方を公開されています。

CGによる動画はこちら。
→(▶ A polyhedron which has regular triangle, square, and pentagon projection. - YouTubeさん)
original→(見る方向によって正三角形・正四角形・正五角形が現れる立体 - みたにっき@はてなさん)    

|

« 70代から始めるiPad生活のススメ (5)ニュースアプリ編 | トップページ | ファスナーに明後日はあるか? »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 70代から始めるiPad生活のススメ (5)ニュースアプリ編 | トップページ | ファスナーに明後日はあるか? »