« 2015年は2Dと3Dの区別がなくなっちゃう | トップページ | WITHOUT THOUGHT VOL.14 スマホ »

2015年2月 5日 (木)

あの箱をあんなものやこんなものにリメイクする人たち

image
original→(Takako Handaさん)
たとえばお菓子の箱。
食べてるときは大事に手に握ってるのに、そのあとは捨てられちゃうこともしばしば。

でもじっと眺めると、その開閉のギミックや表面のグラフィックなど、とんでもなく練られたデザインであることに気づくのです。

そんなパッケージに魅せられたデザイナーさんたち。
その超絶技巧と驚きのアイデアで、とっても楽しい作品を製作されています。


image   Takako Handaさんのリメイク作品

イラストレーター、ハンダタカコさんのおかしのパッケージを利用した作品。

もうパッケージで描くイラスト。
ちゃんと元のお菓子の雰囲気というかイメージが残ります。よく見るとあの部分をこう使うんですかっていう驚き。

お題が先に浮かぶのかなパッケージが先に見つかるのかな、もうとにかく楽しい作品なのです。
original→(Takako Handaさん)  
     
image   どり☆あすかさんのリメイク作品

図工作家どり☆あすかさんの森永ミルクキャラメル製ゴールドライタン。ちゃんと変形して箱に戻るのです。

パッケージの色、サイズ、箱の開閉。
すべてのストーリーが完璧な一品なのです。箱を二箱重ねてボディにするアイデアは、見れば納得ですが思いつくのってとんでもない高いハードルですよきっと。
original→(どり☆あすか/図工作家(@d_asuka)さん | Twitterの画像/動画さん)    
     
image   パッケージクラフトブログ~空のおもちゃ箱 さんのリメイク作品

一般社団法人 日本パッケージクラフト協会さんでパッケージクラフトのデザインをされている方。もう超絶技巧。

実際に作れるサイトは例えばこちら。→(こうさくハウス|キッズおかしランド|株式会社 明治さん)
お菓子メーカーさんが自社製品のパッケージリメイクを公開される姿は工作やリメイク界での革命的な出来事と思うのです。
original→(パッケージクラフトブログ~空のおもちゃ箱 リーガルシープ制作工程(2)さん)    
     
image   SNAさんのティッシュ箱リメイク

「テキトー工作プロジェクト」と題してティッシュペーパーの箱で工作するシリーズを公開されています。
写真はナウシカのウシアブ。

見た人が「自分もやりたい」と思ったときに、だれでも同じサイズで同じ厚みの紙を入手するのは難しいことなのです。でもティッシュ箱を使えば、それがクリアできる素晴らしいセレクト。
original→(ティッシュの空き箱で、ナウシカに出てくる『ウシアブ』作ってみた - ニコニコ動画:GINZAさん)    
     
image   「マゴクラ」のミスド箱リメイク

普段みかける箱を見た目そのままに全く異なる箱にリメイクするプロジェクト。
ミスドの箱をツールボックスに改造してしまいます。

じつは1箱作るのに3箱必要なのだそうですよ。
original→(ドーナツの箱でつくるミスドツールボックス【マゴクラ】ダンボールインテリア生活)    

|

« 2015年は2Dと3Dの区別がなくなっちゃう | トップページ | WITHOUT THOUGHT VOL.14 スマホ »

紙の人たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2015年は2Dと3Dの区別がなくなっちゃう | トップページ | WITHOUT THOUGHT VOL.14 スマホ »