« ひとびとはいつも本を支えてる | トップページ | 2015年は2Dと3Dの区別がなくなっちゃう »

2015年2月 3日 (火)

ファスナーを利用すれば、アレが着せ替えできるって

image
via→(Flotspotting: Igor Lobanov's Mind-Bending Wormhole Chair - Core77さん)
ファスナー。
カミノデザインでは、線接合の人類最大の発明と思ってますよ。

ところでこのファスナー、なんて呼ぶのが正しいの?YKKさんのサイトに解説があります。→(「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違い:YKK株式会社さん)

チャックは日本語って驚き。ではチャックで着せ替え可能な例3題。


image   Wormhole

まったく想像できません。できあがりを見てさえ。

同型の2パーツをファスナーで止めると、椅子になっちゃいます。
2枚の組み合わせで着せ替え可能。

original→(Wormhole | Folding Seat Concept by Igor Lobanov at Coroflot.comさん)
     
image   ZipzCustom

ソールと上部がファスナーで連結可能です。

デザインも変えられますが、写真のようにローカットをハイカットに変更することだって可能。

上だけ買う、が可能な靴。
original→(Home - ZipzCustomさん)    
     
image   Chacktool

米本昌史さんのChacktool。

座面とクッションの着せ替え可能です。
さらには、マイクッションを持ち歩く文化を生むかもしれないのです。

original→(Core77 (masashiyonemoto)さん)
via→(TOKYO DESIGN WEEK 2012 - Tokyo Designers Week: Chacktool - Masashi Yonemoto - Core77さん)    

|

« ひとびとはいつも本を支えてる | トップページ | 2015年は2Dと3Dの区別がなくなっちゃう »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとびとはいつも本を支えてる | トップページ | 2015年は2Dと3Dの区別がなくなっちゃう »