« 思わずアッって言っちゃう 顔に見える瞬間 | トップページ | 70代から始めるiPad生活のススメ (3)アプリ選択 【ドック6個に何を登録するか?】 編 »

2015年2月26日 (木)

ルーローの三角形をデザインに取り入れるひとたち

image
ルーローの三角形。
転がした時に高さが常に一定になる三角形です。
こういうの、定幅図形というそうですよ。

正方形に内接しながら転がるので、たとえば四角形にくりぬけるドリルなんてのもあります。
こちらの動画が超わかりやすいです。
→(How to Drill a Square Hole - YouTubeさん)

今日はこの図形、こんな例で使われてますよっていう。


image   Päivi MikolaさんのWoodpecker

ロッキングチェアの湾曲に利用された例です。
ひじかけと一体の構造にできますよ。
よく見ると横架材も三辺おなじ位置に設けられている潔さ。
via→(Suomen käsityön museoさん)  
     
image   平山日用品店さんのルーローデスク

カウンセリングで利用するテーブルとのことです。

なるほど座る位置がちゃんと決められるのに、距離は常に一定に保てますね。
original→(ルーローデスクと年末年始の営業日のこと。 | 平山日用品店 日誌さん)    
     
image   ルーロー三角形の底を持つカップ

上は円、底はルーローの三角形。

定幅図形から定幅図形への変換を徐々に見ることができます。
via→(Can You Tell Why I Like These Coffee Cups? | Hooniverseさん)    
     
image   ルーローの三角形をもつビル

フロアプランがルーローの三角形になってるオフィスビルです。

完全な三角形だとコーナーが使いにくく、またセンターコアを取りにくいものですが。
このプランならどちらも解決できちゃいます。
original→(KölnTriangle – Faszination Hochhaus – das moderne Bürohohaus im Zentrum von Köln - Floor plansさん)    
     
image   パナソニックのRULO

パナソニックさんのロボット掃除機です。
コーナーの掃除に強いっていう印象をデザインでも与える解決法。

じつはリモコンもこのカタチで可愛い。
viaoriginal→(三角形だから部屋の隅まで入り込む――パナソニックのロボット掃除機「RULO」誕生 - ITmedia LifeStyleさん)    

|

« 思わずアッって言っちゃう 顔に見える瞬間 | トップページ | 70代から始めるiPad生活のススメ (3)アプリ選択 【ドック6個に何を登録するか?】 編 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思わずアッって言っちゃう 顔に見える瞬間 | トップページ | 70代から始めるiPad生活のススメ (3)アプリ選択 【ドック6個に何を登録するか?】 編 »