« 靴ひもでできた靴 | トップページ | ひとびとはいつも本を支えてる »

2015年1月30日 (金)

人間椅子 "椅子になりたい"願望をかなえた人たち

image
via→(Sofa Suit | DIY | Gearさん)
江戸川乱歩の短編に、「人間椅子」ってありますよね。
椅子職人が自分で作った椅子に入り込んで人に座ってもらう…そんな話。
これを大正時代に発表してるってすごいことですが。

ところで現代でも、椅子になりたいひとたちっているみたいですよ。


image   ソファ・スーツ

脚立に座ってますけど!

椅子はもともと、人が座ったカタチを模したのかも、と思ったり。

ちなみにこのスーツ、みどころはひじ掛けの先端だと思います。
via→(Sofa Suit | DIY | Gearさん)  
     
image
image
  椅子を着る

たしかに、ちょっと肌寒いときに一枚羽織るものを椅子にかけておく、っていう状況はありえます。

ベストとして着れるいすカバー。
これも偶然おなじサイズなのではなくて、椅子の設計が身体寸法を元にしているからかも。
via→(Dress me up Chair by Magda Pawlasさん)    
     
image   人間椅子

これぞ人間椅子。人間が入っていなければ、そもそも椅子として成立しない点が秀逸。

いま気づきましたが、ふとももを座面にするとちょっと椅子としての奥行きが短くなるんですね。
via→(Cultura, arte y diseño mexicano | Inkult Magazine – Jamie Isensteinさん)    
     
image   椅子を着る

こちらもフード付きの椅子カバーなのですが。

意味としては自分だけの空間を保てる椅子。
ある意味、もっとも椅子に入り込める椅子なのです。
via→(chairwear4さん)    

|

« 靴ひもでできた靴 | トップページ | ひとびとはいつも本を支えてる »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 靴ひもでできた靴 | トップページ | ひとびとはいつも本を支えてる »