« ペットボトルのリサイクルは元ペットボトルと見てわかるのがトレンドな件 | トップページ | それでもぼくたちはハンバーガーが大好き »

2015年1月14日 (水)

やがて商品は包むことや開けることの方ががメインになるんじゃないかパッケージ

image
電子書籍や3Dプリンタデータなど、梱包できない商品が増えつつある中にあっても。

もう梱包は次の時代に進もうとしているのかも。
開けること、包むことそのものが大きなイベントになりつつある予感がするのです。


image   風船でできるスマホケース

これは!
もはやスマホのパッケージング。
これを思いつく人になりたい、と真剣に願うタイプのアイデアなのです。

驚愕の実演は動画で。
→(▶ Home made cell phone balloon case - YouTubeさん)
via→(一息で、風船でかわいいスマートホンケースを作る方法 : monogocoroさん)  
     
image
image
  IKEA新店舗の案内BOX

これはもはや、店舗そのもののパッケージ。

新店舗の案内として届くBOX。穴が1つ開いていてここから覗いて下さい。

中には店舗そのものがはいってる。
空間を売る、IKEAならではの素晴らしい演出。
via→(イケアが新店舗案内のために報道機関へ送った、イケアの建物を模した小さな箱「IKEA Sneak peek」 | mifdesign_antennaさん)    
     
image   アイスサンドのパッケージ

もうここだけ被せりゃいいんじゃない。
その割り切りの潔さに感心。

…というのはウソで。
実はこれ、商品のパッケージではなくて、パックのアイスクリームを輪切りにしてサンドすれば手が汚れないよ、っていうアイデアの写真。

でもこういうパッケージに見える。
via→(The Proper Way to Make a Ben & Jerry’s Ice Cream Sandwichさん)    
     
image   本物の竹の皮をプレスした容器

本物の竹の皮をプレス成形して作られたお惣菜容器。

む、これは。
たとえば「ニッポンのおみやげ」コンペあたりで当確しそうな一品です。

ネタ元のhoririumさんの記事の写真では、そのシズル感が伝わります。
→(horirium |伝統x技術さん)
original→(竹皮製品│古き良き素材竹皮容器│株式会社松本、BAMLEE、竹皮、笹、木箱、紙容器、自然、天然素材、ナチュラルパック、エコさん)    
     
image   砂のプレゼントボックス

砂を緩衝材として使うギフトボックス。

底からプレゼントと砂を詰めて、開けるときはパキッと割るのです。

まるで大地からそのまま掘り出したかのような箱。取り出すさまもまさに発掘。
via→(砂のギフトボックス。 sand packaging | まとめのインテリア - デザイン雑貨とインテリアのまとめさん)    

|

« ペットボトルのリサイクルは元ペットボトルと見てわかるのがトレンドな件 | トップページ | それでもぼくたちはハンバーガーが大好き »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペットボトルのリサイクルは元ペットボトルと見てわかるのがトレンドな件 | トップページ | それでもぼくたちはハンバーガーが大好き »