« 専用ケースの魅力 | トップページ | グラフィックとしての目玉焼きの破壊力 »

2014年12月12日 (金)

スマホを捨てる日

image
via→(NoPhone Is A Piece Of Plastic That Helps You Cut Your Smartphone | Apple | Gearさん)
スマホを捨てる日ってくるのだろうか。
ウェアラブル端末は、ある意味スマホを捨てる進化なのかもしれません。

いろんなところで問題になりつつあるスマホ依存。
でも触らない時間をつくる試みもいくつか始まってるようですよ。
今日はそれをデザインで解決する例。


image   NoPhone

その名もNoPhone。

単なるプラスチックのカタマリですが、スマホにはできないことができるそうですよ。
完全防水だったり。
人と顔を合わせることだったり。
via→(NoPhone Is A Piece Of Plastic That Helps You Cut Your Smartphone | Apple | Gearさん)  
     
image   スマホをコースター化するグラス

一緒に飲んでるときくらいはね。
スマホの上に置く専用グラス。

スマホの上に置かないと、自立しないグラスでもあるのです。
via→(Hell in a Handbasket: We Will Use Your Phone as a Coaster Since You Don't Have Any Manners - Core77さん)    
     
image   スマホを最初に触ると負けアプリ

たとえば飲み会で。
全員で一斉に起動して、最初に触れた人が負け、なスマホアプリ。

なんだか一瞬で勝負が着く気もするのです。
via→(最初にスマホいじったヤツが負け! リアル対戦型チキンレース『ダウンサイド』が静かに熱いぜ|タブロイドさん)    
     
image   スマホ・ガード

コカ・コーラ社が開発したそうですよ。

なるほど犬には犬の、人には人の、
着用する理由があるわけですね。
via→(簡単にスマホ断ちさせるグッズをコカ・コーラが開発!「Coca-Cola Social Media Guard」 | mifdesign_antennaさん)    

|

« 専用ケースの魅力 | トップページ | グラフィックとしての目玉焼きの破壊力 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 専用ケースの魅力 | トップページ | グラフィックとしての目玉焼きの破壊力 »