« あなたもできる!ルービックキューブを解く方法 5選 | トップページ | 往復はがきじゃなくて往復封筒をデザインしろって言われたら? »

2014年11月13日 (木)

もしかして、平らな床じゃなくても普通に暮らせちゃうんじゃないだろうか

image
部屋にはたくさんの家具やモノが置いてあって。

それらが固定されていると考えれば、あんがい床って凸凹な存在なのです。
そしてその凸凹をうまく利用して、どうやら人間は暮らしているようなのです。


image   カーペットを家具にする

カーペットを持ち上げれば、ソファや収納になっちゃうのです。

これって床と連続した家具。
via→(A Functional Sofa Created Out Of A 'Ridge' In The Carpet - DesignTAXI.comさん)  
     
image   地形を置いてみる

まるで部屋に山や谷を再現したかのような家具。

そしてリラックスするには、平らより凸凹があったほうがずっと良いと気づくのです。
via→(Mi amigo tambien | Desmotivacionesさん)    
     
image   めくって利用する家具

山下真さんのめくって使う家具。
めくることでテーブルや座椅子が現れます。
床を収納場所にする家具、とも言えますね。
via→(shin yamashita: land peelさん)    
     
image   カーペット+コーヒーテーブル

カーペットの一部をめくったようなコーヒーテーブル。

そしてこれ、ラグに直接座って生活することを誘発する装置でもあるのです。
via→(alessandro isola reinterprets the coffee tableさん)    

|

« あなたもできる!ルービックキューブを解く方法 5選 | トップページ | 往復はがきじゃなくて往復封筒をデザインしろって言われたら? »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あなたもできる!ルービックキューブを解く方法 5選 | トップページ | 往復はがきじゃなくて往復封筒をデザインしろって言われたら? »