« 往復はがきじゃなくて往復封筒をデザインしろって言われたら? | トップページ | つながる箱 »

2014年11月17日 (月)

薄くなる進化

image
via→(「薄型民芸」―― テレビの上の”木彫りの熊”も薄型化 - Excite Bit コネタ(1/2)さん)
たとえば携帯電話。
薄くするために注がれたエネルギーは、もしかすると携帯電話を開発するエネルギーを上回るかもしれないのです。


image   薄型民芸

公式サイトはこちら。
(薄型民芸 JAPANESE FOLKCRAFTS FOR FLAT SCREEN TVさん)

ブラウン管テレビの上に飾られていた民芸品も、液晶テレビに合わせて薄型に。
via→(「薄型民芸」―― テレビの上の”木彫りの熊”も薄型化 - Excite Bit コネタ(1/2)さん)  
     
image   フラット・バルブ

ある決まったカタチのものを薄くすると、新しい商品が生まれた例と思うのです。

普通に使用できる電球。ネジ部分を薄くしてもちゃんと差し込める意外。
via→(10 cool and innovative light bulb inspired objects | Designbuzz : Design ideas and conceptsさん)    
     
image   薄いコーヒーカップ

一口だけ。
エスプレッソでも見た目満足な量なのです。

どうやって立てるのかと思ったら、おそらくソーサーと一体なのですね。
via→(超薄型コーヒーカップ - 革新的発明と製品情報さん)    

|

« 往復はがきじゃなくて往復封筒をデザインしろって言われたら? | トップページ | つながる箱 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 往復はがきじゃなくて往復封筒をデザインしろって言われたら? | トップページ | つながる箱 »