« 分別をデザインしてみる | トップページ | 蛍光マーカーのペン先がもはや昆虫採集の域に達してる件 »

2014年10月 6日 (月)

"折る"ってものすごく素材に優しい加工方法なのかも

image
溶かしたり、切ったり、塗ったり、接着したり。

ぜんぶモノを加工する方法ですが、「折る」 も加工のひとつ。
でも素材をほとんど傷めない方法なのです。


image   五十嵐瞳さんの折り紙で鋳込む磁器
LEXUS DESIGN AWARDの受賞作。

いっけん紙のようですが、じつは紙を型にした磁器なのです。
まるでクシャッとなりそうで、脳は視覚の影響を大きく受けると知るのです。
via→(LEXUS design award 2013 porcelain origami by hitomi igarashiさん)  
     
image   ユニクロのTシャツ

ユニクロのイラストTシャツ。
すべて同じ柄のはずですが、少しずつ折る位置を変えることで一枚の絵になっています。

ある意味発明では。
via→(UNIQLOすげー! on Twitpicさん)    
     
image   折り目だけで表現されたポスター

完全に白い紙だけで表現されたポスター。

「折る」は影を操作する方法でもあるよう。
via→(インク無し、ペイント無し、紙の折り目の光と影だけで魅せるABSOLUTのポスター | mifdesign_antennaさん)    
     
image   orissi(オリッシィ)

端っこの三角形を折ることで項目をチェックできるメモ。

暗記カードにもいいかも。
忘れたら戻せます。
via→(ISOT 2014:折るだけ! 書き込まずにチェックできる手軽なToDoリストメモ - 誠 Biz.IDさん)    

|

« 分別をデザインしてみる | トップページ | 蛍光マーカーのペン先がもはや昆虫採集の域に達してる件 »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 分別をデザインしてみる | トップページ | 蛍光マーカーのペン先がもはや昆虫採集の域に達してる件 »