« 薄いロボット | トップページ | デザインで達成できるバリアフリー »

2014年10月23日 (木)

テープで組み立てる家具 2題

image
む、この手があったか。

結局のところ、どんなに道具が進化しても日曜大工は始めるまでのハードルがちょっと高めなのです。でもテープだけで組み立てられるなら。

今日はそんなテープ家具を2つ見つけちゃいました。


imageimageimageimageimage   テープで作るイス

動画はこちらから。
▶ Honest Chair - YouTube

驚きました。いまだかつてこんな方法でテープを利用した例を見たことがありません。

もちろん接着に使うのですが、同時にメジャーであって組立説明書でもあるのです。

まずテープを丸材に貼って、テープの印刷に従って長さを合わせます。
その後カット。

さらには部材同士の接合ももちろんテープで。グルグル巻きにします。

最後の座面ももちろんテープ。面状に貼ります。

すると完成。このアイデア、今後さまざまに応用できる可能性を秘めてるのです。
via→(haviv + fieldman create honest DIY chair from duct tape + broomsticksさん)  
     
imageimageimageimageimage   TapeFlips テープで組み立てる家具

動画はこちらから。
TapeFlips - What is the future of furniture? on Vimeo

あらかじめモジュール化されているパルプボード。紙なので軽く、かつものすごく丈夫な素材です。

その端部にテープを交互になるように貼ります。あ、この貼り方はあれですよ、昔の工作本には必ず載ってた「パタパタ」。(正式名称はなんだろう?)
前にも後ろにも畳むことが出来る方法です。

そうやって組み立てられたイスやテーブル、本棚。

特徴的なのはテープ施工なのにとんでもなく丈夫なことと、カンタンに畳めること。

最初のボードのモジュールがとてつもなくよく考えられていることがわかります。

そして秀逸なのはテープがちゃんとデザインになってることですね。
via→(TapeFlips - the new way of making furniture. It is as simple as paper and tape!さん)    

|

« 薄いロボット | トップページ | デザインで達成できるバリアフリー »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薄いロボット | トップページ | デザインで達成できるバリアフリー »