« 猫とダンボール | トップページ | 数字のデザイン »

2014年9月22日 (月)

全く新しいダンボールの"ブロック"システム

image
via→(Torsten Sherwood's new construction toy pays homage to Legoさん)

イギリスのデザイナー、Torsten Sherwoodさんが発表したダンボールのブロック。

こんなアイデア見たことありません。


image   世界一簡単なシステム

いやびっくりしました。
ダンボールのブロックは過去にもあるのですがそんなに多くはありません。

なぜなら先にブロックの一個一個を「組み立てる」必要があるから。
または、組み立てる際に「接着する」必要があるから。
このシステムはそのどちらでもありません。
     
image   自立するパーティションにも

一見ランダムに組み合わせているように見えて、ちゃんと折り目を通すことができるのです。

この「1箇所だけ折り目を入れる」アイデアにしびれます。このアイデアで、とんでもなく可能性が広がってるのです。
     
image   たった1種類なのに

さらにパーツは一種類しかありません。形状もほぼ円です。

これって木型による大量生産のハードルが低く、コストも下げられることを意味します。

さらには軽くて大きくできるので、大型のものを作製するのに向くのです。
     
image   オドロキの接合方法

と、ここで。どうやって接合してるの?

その接合写真がこちら。

え!?

小口に差し込んでます!
こんなことできるの?
いまだかつてこんな方法見たことありません。
     
image   小口の写真

小口の写真がこちら。

なんとなく小口にスキマがあって、二枚貼りあわせているようにも見えますが。
そのスキマに差すのだろうか。

む、このあたり、ちょっと不明です。
     
image   全く新しいシステム

左の写真。丸いから、先がとんがってる感じがちゃんと出せることがわかります。

ダンボールでできる特性を全て活かした素晴らしいアイデア。
これさえあれば、家庭でキッズハウスを自分で作れます。

さらにはワークショップでたくさんの子供達が城を作ったりすることも可能。

製品として日本で発売されることを楽しみに待ちたいと思います。

|

« 猫とダンボール | トップページ | 数字のデザイン »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫とダンボール | トップページ | 数字のデザイン »