« 数字のデザイン | トップページ | 拡大してもおんなじ形をしている - 自己相似 »

2014年9月25日 (木)

群がるアリ をデザインする

image
黒い点々と認識するときと、アリが群がってると認識するときでは、
天と地ほど差があるってことです。蟻のままの姿ってことです。

その境目にデザインのタネがあるのかも。
今日はアリが群がるデザイン。


image   アリが群がる皿

蟻がデザインの一部になっている皿。

食事に利用される皿のデザインなのに、がポイントですが、同時にイラストのシズル感が増してることに気づくのです。
via→(Везде муравьи! — Дизайн — Релакс!さん)  
     
image   蟻リング

群がる蟻をデザインしたリング。
実際に販売されています。
via→(lepre 蟻リング通販|GMOとくとくショップさん)    
     
image   蟻のインスタレーション

Rafael Gomezbarrosさんの巨大な蟻アート。

よく見ると一匹一匹はリアルな蟻の造形として再現されているわけではありません。
蟻を蟻たらしめるのは群れか。
via→(Eyewitness: Saatchi Gallery, London | World news | theguardian.comさん)    
     
image   アリの形の砂糖を作る

デイリーポータルZ、土屋さんのネタから。
じつは砂糖摂取を抑えるためのアイデアだそう。
via→(@nifty:デイリーポータルZ:アリの形の砂糖を作るさん)    
     
image   蟻ブロック

蟻の列を揃えるブロック。
立体的な列を生み出せます。

蟻と黒点との違いは、「動きそう」にあるのかもしれません。
via→(Antics Ant Blocks — ACCESSORIES -- Better Living Through Designさん)    

|

« 数字のデザイン | トップページ | 拡大してもおんなじ形をしている - 自己相似 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 数字のデザイン | トップページ | 拡大してもおんなじ形をしている - 自己相似 »