« 切っても切っても現れる 金太郎飴的デザイン | トップページ | 琵琶湖をブランド化しちゃった!コクヨさんのびわこ文具シリーズ »

2014年9月 4日 (木)

タバコを着るひとたち

image
どんどん肩身が狭くなってくるタバコ。
でもその歴史は古く、もはやそのフォルムは一種のアイコン。

だったら他のことにも使えるのでは。たとえば着てみるひとたち。


image   タバコエプロン

細長さの比率、フィルターの茶色。
そして先端の灰部分。

これらが揃えば、平たく縫製されていてもタバコにしか見えない不思議。
via→(Emily Clayton - Design Milkさん)  
     
image   タバコベッド

角度にもよりますけど。
長さの比率とフィルターを利用した例。

でも意味はタバコを吸い続ける結果の暗示。
via→(The Roy Castle Lung Cancer Foundation: "DEATH BED" Print Ad by Chi & Partnersさん)    
     
image   タバコネクタイ

普通に使用できる表面とタバコっぽい裏面のリバーシブル。

吸いたくなったらポーズだけとる、ってことらしく。
via→(吸い殻のネクタイ - 革新的発明と製品情報さん)    
     
image   タバコジャケット

吸うと肺部分が変色するジャケット。

吸うも吸わないも、着るも着ないも、本人が選択するジャケット。
via→(Anti-smoking jacket stops secondhand smoke | DVICEさん)    

|

« 切っても切っても現れる 金太郎飴的デザイン | トップページ | 琵琶湖をブランド化しちゃった!コクヨさんのびわこ文具シリーズ »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 切っても切っても現れる 金太郎飴的デザイン | トップページ | 琵琶湖をブランド化しちゃった!コクヨさんのびわこ文具シリーズ »