« 足す切手 引く切手 | トップページ | 犬とダンボール »

2014年9月17日 (水)

iPhoneを○○化するガジェット

image
via→(【トレたま】目盛りのない計量カップ:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京さん)
iPhoneのデザイン上の一番の功績は、規格寸法なのでまったく異なるものとの組み合わせを可能にした点だと思うのですカミノデザイン。

今日はiPhoneを組み合わせてまったく違う機能を持たせるガジェット。

ところで上の写真、いったい何に使うものだと思います?


image   iPhoneを計量カップ化する

実は計量カップ。

iPhoneの傾きセンサーと組み合わせて、水平でなくても定量の液体を測ることができるのです。

このアイデアは、iPhoneの全く新しい可能性を示すものだと思うのです。
     
image   iPhoneをスキャナー化する

こちらはLEDライトと組み合わせることでスキャナー化した例。
それって普通のカメラ機能じゃないの?って違います。
アプリできちんと角度を補正し、余白も切り取ってくれるので書類もしっかり整形で読み取れます。
via→(意外に便利に使えた画像メモ撮影アイテム「SnapLite」 - ケータイ Watchさん)    
     
image   iPhoneをカップホルダー化する

両手で使うことも多いiPhone。
だったらカップはどうするの?を解決するホルダー。
傾き補正で自動的に水平を保てば面白いけどそういうことじゃないみたい。
via→(UpperCup iPhone case | Gadget | Gearさん)    
     
image   iPhoneをラジオ化する

最後はiPhoneを懐かしいカタチのラジオ化する製品。

実は本体そのものにスピーカー機能があるわけではなく、iPhoneドック。
ところが設置したとたん、高齢の方でも使えちゃう機器になる気がするのです。実際にラジオより簡単に使えるはずで、すごいな。
via→(Generate Design: Radio Dock (ラジオドック iPhone4/5ドック) : Jonas Damon : Areawareさん)    

|

« 足す切手 引く切手 | トップページ | 犬とダンボール »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足す切手 引く切手 | トップページ | 犬とダンボール »