« いっしょに行動するための道具 | トップページ | ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴと暮らす »

2014年8月27日 (水)

えんぴつの後ろについてる消しゴムのデザイン

image
via→(15 Unusual and Creative Pencilsさん)
上の写真、消しゴム部分のほうが長い。

あれですあれ。
あのなぜか消えにくい鉛筆の後ろの消しゴム。
カミノデザイン的には、本来前後の向きが無かった鉛筆に、先と後ろを意味づけてしまったアイテムだと思ってるのです。


image   両側が消しゴムの鉛筆

両側が消しゴムならば、それはもう単に消しゴムだろうと。

そしてこの鉛筆は、中に芯が入っているのかどうか知る術は無いのです。
via→(横浜・元町で必ず立ち寄る雑貨屋さん | 堤 信子さんの文具びより - 楽天ブログさん)  
     
image   鉛筆フロアライト

あの部分が光るフロアライト。

なぜに鉛筆?と思ったら、床にコードの軌跡が。
via→(SixFoot Hb Lamp | Lighting | Homeさん)    
     
image   本体が消しゴムの鉛筆

もうまるごと全て消しゴムです。

そしてこのアイテム、もういちど鉛筆に方向の無さを取り戻したのです。
via→(deuk young lee: eraser pencilさん)    
     
image   あの部分だけのペンスタンド

あの部分だけを見てもあの部分とわかることに気づきます。こんなに大きくても。
via→(Pencil End Cup ペンスタンド - 消しゴム付き鉛筆デザインのペン立て - fu-bi(フウビ)さん)    
     
image   大きい消しゴム

消しにくい、っていうのは昔から言われてることですが。

大きくするのはひとつの方法。
デッキブラシ型にすることで、大きいことを自然に見せています。
via→(Pencil Broom | Design Gifts under $25 | Gift Ideas | Animi Causa Boutiqueさん)    

|

« いっしょに行動するための道具 | トップページ | ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴと暮らす »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いっしょに行動するための道具 | トップページ | ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴと暮らす »