« えんぴつの後ろについてる消しゴムのデザイン | トップページ | もはやソーシャルネットワークじゃないのか 持っていく人のほうに興味あるちぎり広告 »

2014年8月28日 (木)

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴと暮らす

image
(羽咋駅 - Wikipediaさん)JR羽咋駅周辺の彫刻 「ゴゴゴゴゴゴゴ」「ドドドドド」もある
日本のコミックに見られる擬音表現って、ひとつの発明だと思うのです。
音もセリフも無くても、雰囲気や心情まで表現しちゃう。

だったらリアル生活でも使えるのでは。


image   擬音リング

その場にあった擬音をその場で出せないといけないわけで。

いちばんいいのは身につける方法。
via→(密買東京|身にまとう効果音|商品詳細(ド・リング ッ・リング ゴ・リング ー・リング ハ・リング ガ・リング ヘッドリング - rgb-laboratory -)さん)  
     
image   マンガ氷

そして擬音には時間の変化を表す効果もあるのですが。

自発的に消えていきます。
擬音の製氷型。ドドドやゴゴゴなど。
via→(「ドドド」「ゴゴゴ」「あ゛あ゛あ゛」型の氷が作れる「漫画氷」で実際に製氷してみました - GIGAZINEさん)    
     
image   マンガ皿

料理を載せるためのマンガプレート。
まったく新しい盛り付け。

と同時に、食べる順番を意味付けする可能性も。
via→(manga plates by mika tsutaiさん)    
     
image   オギャーモビール

こちらはまさにリアル擬音。
コミックの主人公たちは背景に擬音が描かれていることを知らないわけで。

まさにリアル擬音。
via→(オギャーモビール - Fresh News Deliveryさん)    

|

« えんぴつの後ろについてる消しゴムのデザイン | トップページ | もはやソーシャルネットワークじゃないのか 持っていく人のほうに興味あるちぎり広告 »

紙と平面世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« えんぴつの後ろについてる消しゴムのデザイン | トップページ | もはやソーシャルネットワークじゃないのか 持っていく人のほうに興味あるちぎり広告 »