« 携帯芝生 | トップページ | これなーんだ?? »

2014年8月21日 (木)

コクヨさんのkami-no-daisha(かみのだいしゃ)

image
→(「kami-no-daisha(かみのだいしゃ)」を発売|プレスリリース|コクヨさん)
コクヨさんからまった「新しい箱」が発売されて、以前に記事にしました。
ステージ台、投げ込み陳列、傾斜陳列の3形態に、1箱で対応できてしまうのです。
コクヨさんの新しい多機能ダンボール箱 kami-no-hako(かみのはこ): カミノデザイン【kaminodesign】

そして今回、それの大型サイズが発売されたのですが。
と同時、ダンボールでできた台車が発売されてびっくりしたのです。


image   台車になる

キャスターを裏面にはめ込むと、高さたった32.5mmの台車になるのです。

しかも重量550g。業務用ですが、家庭のクローゼットなどでも大活躍しそうな商品なのです。
     
image   連結できる

1台だと400mm×300mmの面積なのですが、じつは連結可能です。

そしてこの面積は、先のkami-no-hakoにちゃんと合わせてあって、今回新発売の大サイズとともにモジュール化されているのです。
     
image   連結は千切り(チギリ)で

おもしろいのはこれ。

台車どうしを連結するのに使われているのは、ダンボール製の千切り(チギリ)です。

別名バタフライジョイント。通常はテーブルの天板などで木材を接合するのに使用されるあれです。

でもってこの台車。
従来はダンボールで作るなんてありえないジャンルの一つだと思うのです。ところが完成品を見れば見るほどダンボールだからこそ商品に。もはや置き換えではなくて全く新しいジャンルの製品なのですよきっと。

ダンボールの可能性は、じつは「ダンボールならではの新しいジャンル」にこそあると思うのです。

|

« 携帯芝生 | トップページ | これなーんだ?? »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 携帯芝生 | トップページ | これなーんだ?? »