« 夏休みの工作に!スコッチさんのペーパーファッション工作がすんごい | トップページ | なぜナイキは箱にこだわるのか »

2014年7月28日 (月)

ペットボトルのフタを あるもの に交換してみる

image
ペットボトルのフタは(ほぼ)規格化されているので、交換可能なのですよ。
そして規格化ってコトバにはデザインのタネがいつも隠れているのです。

今日はフタをあるものに交換した例。


image   アイロンをつけてみる

スチームに水分供給でき、同時に水がおもりとなってスタンドにもなってます。ハンドルも兼ねるかも。

すべてが繋がる楽しいデザイン。
via→(holon institute of technology: ba m tza exhibitionさん)  
     
image   じょうろ をつけてみる

美しい道具です。理にもかなってる。

この写真だけを見ると「こうなるだろうな」のデザインなのですが、ここに至るまでのハードルの高さにクラクラするのです。
via→(kawamura ganjavian: funnel neckさん)    
     
image   ペットボトルをつけてみる

トノプロダクトさんデザインのNODE。
ペットボトルを連結するためのアタッチメントです。
→(トノプロダクト TONO-NODEさん)    
     
image   LED照明をつけてみる

最後はペットボトルをランタン化するアタッチメント。
底面形状が光を乱反射させるデザインに変わってしまいます。
via→(やじうまミニレビュー - 東京セイル「LEDペットボトル用ライト」 - 家電Watchさん)    

|

« 夏休みの工作に!スコッチさんのペーパーファッション工作がすんごい | トップページ | なぜナイキは箱にこだわるのか »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏休みの工作に!スコッチさんのペーパーファッション工作がすんごい | トップページ | なぜナイキは箱にこだわるのか »