« ペットボトルのフタを あるもの に交換してみる | トップページ | あとちょっとで届くんだけどな 指で入力するデバイス »

2014年7月29日 (火)

なぜナイキは箱にこだわるのか

image
いやわかんないですけど。

でも購入者が一番最初に触れるもので、商品のコンセプトを一番に伝えられるものだってことですよね。


image   ナイキ・スタジアム

ここからはじまる夢も、そして夢をかなえた人だって。
via→(The Cool Hunter - Nike Stadium - New Yorkさん)  
     
image   ナイキ・エア

開けるのがもったいないパッケージ。
商品と箱は一体のものかもしれません。
via→(Nike Air Packaging Concept — The Dielineさん)    
     
image   1/3ボックス

小さく折りたためるほど柔らかいシューズ。
商品を見ていないのに、その小ささを想像させるパッケージ。
via→(Nike Free Box: A Shoebox 1/3 the Size of the Original — The Dielineさん)    
     
image   パズルボックス

いわゆる秘密箱。
多かれ少なかれ、パッケージってハードルの一面も。
via→(NIKE flyknit puzzle box by ryan gander (interview)さん)    
     
image   箱のない箱

全く箱を使用しない箱。
ダンボール素材と緩衝材で梱包されています。
手書きでSとありますが、全サイズ共通箱なのかも。
via→(Nike Carboard | Lovely Packageさん)    
     
image   上野 パンダ

オリの中のパンダ。
とにかくケージがパッケージになってる例を初めて見た気がします。
via→(Nike Dunk Hi Premium TZ “Ueno Panda” | Lovely Packageさん)    

|

« ペットボトルのフタを あるもの に交換してみる | トップページ | あとちょっとで届くんだけどな 指で入力するデバイス »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペットボトルのフタを あるもの に交換してみる | トップページ | あとちょっとで届くんだけどな 指で入力するデバイス »