« 自然回帰するアクセサリ | トップページ | 本人の知らない奇跡が起こってる件について »

2014年6月30日 (月)

日常に現れるフォント

image
フォントっていうのはその数の多さと種類からデザインの結晶。
そして日常で目にする機会が最も多いデザインとも思うのですよ。

今日は身近にふと現れるフォントデザインをご紹介。


image   セリフ・トート

これすごい。

まったく文字を示してないのに、文字に見えちゃうのです。

それってセリフ部分のデザインのディテールなのか、白と黒の対比なのか。
via→(Serif Tote Bag - Core77さん)  
     
image   資生堂フォントふろしき

歴史ある資生堂書体がふろしきになりました。
すごいのは、この文字を見ればちゃんと資生堂がイメージできちゃうこと。
via→(話題の「資生堂書体」が風呂敷に | TABlog | Tokyo Art Beatさん)    
     
image   ヘルベチカ・クッキー型

クッキーに向いてる文字があるとすれば、ヘルベチカ。

ところでクッキー型と
Cookie Cutterってどちらも読み方一緒じゃん、とか思っちゃいましたごめんなさい。
via→(swissmiss | Helvetica Cookie Cuttersさん)    
     
image   整列させてみるプロジェクト

アルファベットパスタを順番どおりに並べてみるアートプロジェクト。

バラバラだと食材なのに、並べると途端に文字に見える不思議。
via→(The art of clean up | omami.ruさん)    

|

« 自然回帰するアクセサリ | トップページ | 本人の知らない奇跡が起こってる件について »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自然回帰するアクセサリ | トップページ | 本人の知らない奇跡が起こってる件について »