« 最後に砂を掘ったのってどれくらい前のこと? | トップページ | これさえあれば大丈夫!ピクニックに持ち出す本 »

2014年6月 2日 (月)

フタがタイマーになってる!2つのボトルを比較してみる

image
フタをタイマー化する2つのプロジェクトがほぼ同時期に発表されたのですが。
一方はヴィッテル、もう一方はネスカフェ。

この2つ、比較すると楽しいのです。開け閉めできるフタならではのアイデア。


imageimage   Vittel Refresh Cap
ヴィッテルリフレッシュキャップと名付けられたプロジェクト。

フタが60分タイマーになっており、時間がくるとフラッグが起きて知らせてくれます。

一時間ごとに決まった量の水を飲んだほうがいい、からスタートしたこのデザイン。

フタを閉める行為が、そのまま次のタイマーをセットする行為につながるのです。電池いらず。

60分と定期にしたことも装置を簡素化することに。

動画はこちら。
▶ Vittel Refresh Cap - YouTube
via→(忙しくても定期的に水を飲んでもらうための、タイマー式ボトルキャップ「Vittel Refresh Cap」 | mifdesign_antennaさん)  
     
imageimage   NESCAFE' Alarm Clock

ネスカフェアラームクロックと名付けられたプロジェクト。

ネスカフェのびんのフタをアラーム付きのものに交換します。

朝の設定した時刻がくると、光と音で知らせてくれます。

そして止める方法は、フタを開けること。そのまま朝のコーヒーを入れる行為につながるのです。

美しいデザインとアイデアで、このままネスカフェのボトルとセットでギフトにもなっちゃいます。


動画はこちら。
NESCAFÉ Alarm Clock - YouTube
via→(3D-Printed Coffee Jar Lid and Alarm Clock | Nescafé | Feel Desainさん)    

|

« 最後に砂を掘ったのってどれくらい前のこと? | トップページ | これさえあれば大丈夫!ピクニックに持ち出す本 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後に砂を掘ったのってどれくらい前のこと? | トップページ | これさえあれば大丈夫!ピクニックに持ち出す本 »