« 言いにくいことはマンガで伝えればいいんじゃないの? | トップページ | いま準備すべきカギを失くさないとっておきの方法 »

2014年5月23日 (金)

日本ではお目にかかれない「めくるポスター」が興味深い

image
めくるポスターや立体的なポスターって、海外ではかなり例があるのですが。
日本ではほぼ見ることができません。
電車内の吊り広告ではいくつか例があるんですけどね。


image   ホームレスに毛布を

寒々とした風景に、ダンボールだけのホームレスが横たわっています。

めくってみると毛布を掛けることが。

とはいえちょっと解説が必要なタイプ。おそらく「めくった写真」までがセットのポスターだと思われます。
via→(Adeevee - Ads index from 0 (pagesize 40)さん)  
     
image   紙とステッカーだけのゲレンデ広告

素晴らしいアイデア。
使っているのは青い紙とステッカーだけなのです。
なのにどうみてもゲレンデ。
低予算でもちゃんと伝えられる例。
via→(Roycod Blog : Publicité, Communication, Buzz Marketingさん)    
     
imageimage   気になってめくってみると

最初からめくられているタイプ。

垂れ下がったポスター。
気になって持ち上げてみると…

ちょうど自身の脇の位置が鼻に。

見る人にめくらせる珍しいタイプです。
via→(Fold poster: do you smell? - Mastercom viral marketing and viral video campaignsさん)    
     
image   もうどう見てもアイスクリーム

こちらも最初からめくられているタイプですが。

表と裏で印刷を使い分けるアイデア。
ポスターだけど、ちゃんとシズル感あって美味しそうなのです。
via→(renata el dib: ice cream posters for kibonさん)    

|

« 言いにくいことはマンガで伝えればいいんじゃないの? | トップページ | いま準備すべきカギを失くさないとっておきの方法 »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 言いにくいことはマンガで伝えればいいんじゃないの? | トップページ | いま準備すべきカギを失くさないとっておきの方法 »