« 日本ではお目にかかれない「めくるポスター」が興味深い | トップページ | 立体的なランチョンマットは食事に奥行きが出るっていう »

2014年5月26日 (月)

いま準備すべきカギを失くさないとっておきの方法

image
もうなくしたら一大事。すべてを失う可能性だってありますよカギ。
というわけでカギを失くさないためのいろんな方法が考えられています。やってみれ。


image   ふだんから身につける

もうね、目に見えるところに身につけちゃえばいいんです。

カギをリング化するアタッチメント。普及すればカギのデザインに影響を与える新しい要素になるかもしれないのです。
via→(Keon V1 Holds Your Key While You're Out Exercising - Design Milkさん)  
     
image   カギを持ち歩かない その1

いっそのこと持ち歩かなければいいんです。

ノムラテックキーストックN-1260という商品。ノブにダイヤル錠をロックしてしまいます。中にカギを入れておけば、シリンダー錠がダイヤル錠に早変わり。4桁なので安心。
via→(プレみや【pre-miya】プレゼントとおみやげのデザインさん)    
     
image   カギを持ち歩かない その2

もし4桁も覚えられない!というのなら。「カギはここ」って書いとけばいいんです。

カギを隠す専用のドアマット。黒に黄色でぜったいに見逃しません。
via→(The doormat is telling your secret. | I New Idea Homepageさん)    
     
image   なくしても探しだす方法

もしも万一なくしてしまったら。

iPhoneアプリで探しだすことができますよ。あらかじめキーホルダーにセンサー付きのステッカーを貼っておけばいいんです。
ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)という商品。探しものツールの決定版かもしれません。
via→(プレみや【pre-miya】プレゼントとおみやげのデザインさん)    
     
image   なくしたら作っちゃえ

さらに驚きのKeyMeというアプリ。

カギの写真を撮影しておけば、カギの複製に使用できる凹凸データに変換してくれます。あとは鍵屋さんにデータを転送してくれる親切っぷり。
via→( AppBankさん)    

|

« 日本ではお目にかかれない「めくるポスター」が興味深い | トップページ | 立体的なランチョンマットは食事に奥行きが出るっていう »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本ではお目にかかれない「めくるポスター」が興味深い | トップページ | 立体的なランチョンマットは食事に奥行きが出るっていう »