« 花をいれるためのパッケージ | トップページ | ボトルのパッケージング »

2014年4月30日 (水)

いきたうつわ

image
器って本来、葉っぱや実の皮だったりしたのですきっと。
そして天然の器ってありますよね。たとえば卵とか。

今日は生きた器。
天然だけど人の手が入ってる、そんなデザイナーさんたちの仕事っぷり。


image   剥くとトマト

外側にリアルペイントして全く違うフルーツや野菜にしてしまう作品。
via→(Artist Paints Hyperrealistic Exteriors to Camouflage Food - My Modern Metropolisさん)  
     
image   本物から型をとった器

実物のままだと腐っちゃうから。
とはいえ自然の造形がちゃんとデザインになってる。
via→(Creative Fruit Ninja Homewares – Fubiz™さん)    
     
image   リアルパッケージ

リアル果物外皮に直接切り取り線を入れてしまうプロジェクト。

いままで皮も含めてフルーツだったものが、とたんにパッケージに見える不思議。
via→(ユニバーサルフルーツ(Kudamono) : monogocoro ものごころさん)    
     
image   ココナツ繊維をパッケージに

良く考えるとココナツもちゃんと保護されたパッケージなわけで。

ココナツ繊維を容器にする提案。プレスだけで製作可能。そして100%土に還るのです。
via→(Botiá – Nests for Food - 2013 | concept | Red Dot Award: Design Conceptさん)    

|

« 花をいれるためのパッケージ | トップページ | ボトルのパッケージング »

紙に似たもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花をいれるためのパッケージ | トップページ | ボトルのパッケージング »